黒ずみをケアする方法

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科で治療している・その方法を解説

デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアしているけれどもなかなかうまくいかないと悩んでいませんか?その場合、医療機関を受診するのも一つの選択肢です。皮膚科で治療を行っているクリニックも多いので、どのような方法で対策しているか見ていきます。

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法は、クリームがおすすめ!

デリケートゾーンの黒ずみの皮膚科治療:投薬

デリケートゾーンの黒ずみの皮膚科治療で主流は、薬を使ったアプローチです。色素沈着を起こしている皮膚をピーリング剤で、どんどん除去していきます。こうして肌のターンオーバーを促していって、黒く変色している部分を薄くしていきます。市販のピーリング剤の場合、刺激が強いのでおすすめできません。一方医療機関なら、デリケートな部分でも使用できる医薬品を有しているので、安全に治療できます。

デリケートゾーンの黒ずみの皮膚科治療:レーザーの効果

レーザーを使って色素沈着を解消するアプローチもあります。股間が黒く変色するのは、メラニン色素によるものです。レーザーにはこのメラニン色素を破壊する効果があるといわれています。しかも医療用レーザーの場合、十分な出力があります。レーザーのパワーが強力なので、メラニン色素をよりしっかり破壊できます。

デリケートゾーンの黒ずみの皮膚科治療:レーザーは安い?

レーザーによる治療は自由診療で全額自己負担なので、決して安くはありません。デリケートゾーンの黒ずみは湘南美容外科のような大手で対応しています。こちらを一例に取ると、税込8万1270円です。日本初の最新レーザーを導入していて、女性医師が担当するので恥ずかしさはないでしょう。湘南美容外科ではデリケートゾーンの黒ずみ治療を大阪や福岡、熊本、東京など日本全国で行っているので、まずは相談しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの皮膚科治療:ホワイトニング

ホワイトニングで透明感のある肌に変身させる方法もあります。美白効果の期待できる炭酸ガスレーザーなどを使ってホワイトニングする施術を行っている皮膚科も少なくありません。股間の色素沈着を起こしている部分に照射することで、徐々に美白にしていく方法になります。1度にきれいさっぱり変色部分を解消するのは難しいです。ただし回数を重ねることで、徐々に効果が実感できます。

おすすめの記事